対話型コミュニケーション講座と心理・文化の生涯学習の場

本学院の沿革と活動ポリシー

本学院の沿革と活動ポリシー

受講生の意志による、自主的な学びの場
本学院は、受講生の意志による、自主的な学びの場として、設立以来一貫して入門制度をとっています。受講並びに研究会入会の際は、本学院の沿革と活動ポリシーにご理解いただけますようお願い致します。

成城周辺写真

本学院の沿革

①基礎講座(セルフコミュニケーション講座)設置
2008年、「実践的に心理学を学びたい」という数名の受講生の声から教室を開催。本学院代表理事、晴香葉子先生が代表を務める株式会社リトルクローバー研修事業部の業務としてスタートしました。


②養成講座(対人コミュニケーション講座)設置
同年、受講生のポジティブな変化により、受講生の周囲から、「自分も学びたい」という声があがり、講師認定制度を設置し、基本的な講座を修了生が他者へ提供できるシステムを設けました。


シニア講師養成講座設置
2009年、基本的な講座の修了生から、「自分の学んだ講師のもとで、自分も講座の開催ができるまで学びたい」という声があがり、養成講座までを担当するシニア講師認定制度を設置しました。


④認定・支援組織と教材製作・管理・販売協力組織の分離
2012年、認定・支援組織を特定非営利法人化し、教材製作・管理・販売協力組織、サイト運営組織と分離しました。(社)成城心理文化学院は、認定支援、並びに、会員の講師活動および講師活動の支援を行う特定非営利社団法人として設置されました。


⑤関西支部設置
同年、受講希望者の地域拡大により、関西支部を設けました。


⑥プロフェッショナル講師制度設置
2015年、受講希望者の増加と、講師の実績を考慮し、認定試験と認定講座を担当するプロフェッショナル講師を各所に設置。成城本部は統括業務の拠点という位置づけになりました。

※受講生の意志による、自主的な学びの場として、設立以来一貫して入門制度をとっています。多売・営利目的のセミナービジネスではありません。純粋に学びたい、自己成長したいと思う人が、信頼のおける講師に入門し、適正価格で受講できるように支援し、認定制度を整えています。

活動ポリシー

成城心理文化学院は、会員の活動支援を行う非営利団体で、理事並びに事務局は、ボランティアであり、研究会費は、研究会運営費用として活用されています。ご理解いただき、以下の活動ポリシーにご賛同いただけますよう、お願い致します。


①理事・事務局へのお問い合わせ
理事・事務局へのお問い合わせは、必要最低限になるよう心掛けてください。社会人として、メールのマナーにもご配慮ください。


②講座修了後のお問い合わせ
講座修了後、講座・カウンセリングを行うにあたり、迷いや不安を感じたり、内容について忘れてしまったことがあるときなどは、本部・理事・事務局ではなく、担当講師に、メンターカウンセリング、または、該当箇所についての補講をお申し込みください。プロ意識を持ち、お互いの時間を尊重しましょう。


③勉強会・スキルアップ
日頃からスキルアップを心がけ、勉強会等へは積極的に参加しましょう。


※事務局のメール対応時間は、毎週金曜日13:00~18:00となっております。


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional